シャンプー選び。いいシャンプーとは?

こんにちは!アルファイン姪浜店の店長、疋田です^^

美髪の豆知識として、今回は、シャンプー選びについて書きます!

よく聞かれる質問で、ダメージケアの為に、”シリコン入りシャンプー”と、”ノンシリコンシャンプー”はどちらがいいの?

とありますが、私はそれは髪の状態により、それよりも、シャンプーの洗浄成分で選んでくださいとお伝えします。

毎日髪を洗うと、年間に365回洗うことになります。ロングヘアの場合は、4〜5年かけてキレイに伸ばすとしても、

毛先はおよそ、1500回洗うということになります。洋服を何回も洗剤で洗濯すると傷みますよね??元々の洋服の素材の質感もボロボロになってきます。。。

洗い方もありますが、”どういうもので洗うか?”が大事になります。

シリコンとは、人工的に作られた高分子ポリマーのことで、髪の表面につき、荒れた髪の表面を整えるように付着したりします。

カラーやパーマをしている髪、くせ毛の方、広がりやすい髪を落ち着かせたい方はこちらが向いているかもしれません、

ノンシリコンシャンプーは、これとは逆で髪を”すっぴん”にするようなものです。特に、パーマやカラーをしていない方、元々ストレートでキューティクルが整っている方、サラサラの質感が好きな方が向いていると思います。

ダメージケアの観点ではこれらの事よりも、前述にあげた、髪の状態を把握して、洗浄成分で選ばれた方が、得策と言えます。

洗浄成分とはいわゆる”界面活性剤”の事で、種類は様々あります。

よく目にする”ラウレス硫酸ナトリウム”という成分がありますが、インターネットで調べると、

髪に悪いとか、あまり良く書かれていません。。しかし、かなり、多くの市販のシャンプーに使用されているため、

オーガニック系推しのメーカーに比較対象としてあげられやすいのでは?と思います。(うちの方がいい!などと)

実際、多くの市販のシャンプーに使用されているので、こんな万能な界面活性剤はなかなか無いです。

特徴はコストも安価で、洗浄力が高いです。なので洗浄力の弱い界面活性剤ベースのシャンプーに少量、配合して洗浄力を補ったりと、良く使用されていると思います。

縮毛矯正の施術後は早く薬剤を取り除きたいので、洗浄力が高い方が好ましいと言われますし、安易に悪いとは言えないです。

しかし、毎日のシャンプーでは洗浄力が強くて、髪もパサパサになりやすいし、頭皮もカサカサになるかと思います。

なので、その時の髪の状態や、目指したいヘアスタイルに合わせて、担当の美容師に相談するのが一番です。

結局、どのシャンプーが一番いいの?とも聞かれますが、

”どんな髪にもヘアスタイルにも合う万能なシャンプーはありません。”

病気に合わせて、処方箋を出すお医者さんのように、髪に合わせてシャンプーを出すのは美容師です。

今のシャンプーがなんか合わない。。。という時は、信頼できる美容師さんにぜひご相談してみてくださいね^^

修復系ヘアケア商品