パーマの豆知識 | 髪質改善【美髪整形】が人気の美容室 allfect-allfine alpha hair salon(アルフェクトーアルファイン アルファヘアサロン)

パーマの豆知識

こんにちは!!

allfect大野城イオン店です( ・∇・)

今のこの時期は卒業して初パーマをかける人も多くなってきます!!

そこでパーマの豆知識です!

パーマをかけるメリット

「印象を変えられる」

印象、雰囲気がガラリと変わります(о´∀`о)

ずっと同じ長さでも、飽きたりする事なく人生とヘアスタイルを楽しめます!

「デザインの幅が広がる」

カットだけでなく、パーマをかけることでヘアスタイルの選択肢が広がります(*´ω`*)

パーマ、髪の毛を少し曲げるだけで違うスタイルになります!!

「悩みの改善ができる」

トップのボリュームがなくペタっとしてしまう、前髪が流れない、分け目が気になるなど様々な悩みの改善ができ扱い易くなります!!(●´ω`●)

次は

お客様からの多く質問されるのですが

ダメージがあるとなぜパーマをかけれないの?っていう質問です!!

カラーなどの施術を重ねて痛んでしまった髪は、髪の毛のキューティクルが膨潤して開き、髪の毛の内部の間充物質がでていってしまっている状態です。水分や油分がなくなっていて、乾燥して痛みになっています。

髪のダメージの原因は、カラー剤やパーマ剤に含まれるアルカリです(´⊙ω⊙`)アルカリにより起こってしまうタンパク変性がゴワゴワのダメージ毛の原因なのです!!

よく耳にするタンパク質変性というものがありますが詳しく知らない人の為に

タンパク変性は、簡単に説明すると卵がゆで卵になってしまう状態のこと。

一度ゆで卵になってしまうとまたもとの卵には戻れないですよね?同じことが髪でも起きています。・゜・(ノД`)・゜・。

一度そうなってしまったらもとに戻すことは難しく、ゴワゴワになってしまいます!

そんなゴワゴワの髪の毛にパーマはかかってもバサバサで広がりスタイリングが難しくなってしまいます!

そんなこんなでお客様のことを考えてパーマをお断りすることもあるのです( ・∇・)!

なりたいヘアスタイルにはどうしてもパーマが必要なのか?

パーマのように見せるスタイリング方法はないのか?

まずは相談してください!!アドバイス出来るとおもいます!

実はあまり知られていないパーマの豆知識

季節や年齢によってパーマの再現性は変わります。

季節によって変わるパーマの出やすさ

髪の毛は水分を含んでいます。髪の毛の水分量は通常でおよそ10~12%ほど。

冬は乾燥する為、パーマは出にくいです。

冬にかける場合、デジタルパーマではないコールドパーマは特に注意が必要です。

コールドパーマは濡れている時に1番パーマが強く出るので、冬の乾燥する季節にはパーマは出にくいです。

逆に、湿気が多くなる夏はパーマが出やすいです。

もちろん個人差はありますが!

一部ではありますがパーマの知識でした!

参考になりましたか??

流行りのスタイル、やりたいスタイルがありましたらまずは気軽にご相談ください!

髪質や髪の状態をみながらより可愛く,綺麗になれるヘアスタイルにしていきましょう!!

修復系ヘアケア商品

美髪整形コース