梅雨対策!! | 髪質改善【美髪整形】が人気の美容室 allfect-allfine alpha hair salon(アルフェクトーアルファイン アルファヘアサロン)

梅雨対策!!

 

こんにちは!今日は梅雨対策についてです!

夏が近づくと気になってくることとして、湿気の存在があります。
特に梅雨の時期は、雨が続き湿気のせいで、ヘアスタイルが決まらないという人も多いと思います。
髪が広がるうねるなどのトラブルは湿気とセットです。
そこで湿気と髪の毛というテーマで、湿気と髪の毛の関連性、湿気対策ヘアケアということについて考えてみたいと思います!

湿気と髪の関係
湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。
たとえば、もともとくせ毛の人は、髪が広がる、うねるなどの悩みを抱えるようになり、普段よりもくせがひどく出てしまうのです。
髪の毛と湿気にはどのような関係があるでしょうか?
髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。
湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してまっすぐな状態を保てないのです。
特にダメージを受けているとタンパク質が不足し、髪の内部がいびつになってしまいます。
結果としてよりくせが出やすいのです。

 

広がり・うねりを抑えるヘアケア術 ホームケア編


湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライです。
基本は髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。
根元から毛先にかけて乾かします。
タオルドライは頭皮をしっかり拭いて、髪が長い方は毛先を擦るのではなく、水分を拭き取るようにしていきます。
まず、髪の毛のお化粧水のツヤサラミストをつけて、ツヤサラオイルをつけて、乾かします。ブローやアイロンを入れたあと再度オイルをつけます。

 

これによって髪の毛がコーティングされます。湿気が髪の毛に入り込むのを防ぎます。
髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。
つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気にまつわるトラブルに見舞われる率が高いのです。
よって湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう。
いつもよりも多めのトリートメントを使用する、美容室でトリートメントをするなどをして、ダメージを減らすようにしましょう。
洗い流さないトリートメントなども有効なアイテムといえます。

広がり・うねりを抑えるヘアケア術 外出時編
湿気によるトラブルはいつでも襲ってきます。
外出時には特に湿気による髪の毛のトラブルを抑えたいものです。
そこで外出先でもできるヘアケアについてご紹介したいと思います。これで梅雨の季節を乗り切りましょう!

ブラッシング


ブラッシングをすることで、髪の毛についた水分を飛ばすことができます。水分を飛ばすような感覚でブラッシングをしてあげましょう。
携帯用のコンパクトになるタイプならば邪魔にならずに持ち運べます。

ヘアオイル


髪の毛にコーティングを作るために、ヘアオイルを使うことができます。
うっすらとつけるだけで、髪の毛を水分からブロックしてくれます。
香りがいいものを選べば、ヘアコロンの代わりにもなり便利です、つけすぎはべとつきの原因になりますので、気をつけましょう。
ハンドクリームや、ボディクリーム
応急処置として、手元にヘアケアアイテムがないときに使えます。
ハンドクリームが髪の毛をコーティングしてくれ、水分から守ってくれます。
役割としては、オイルと一緒です。
水でうねりを抑えようとしても逆効果です。手元にあるハンドクリームを利用しましょう。

修復系ヘアケア商品

美髪整形コース