梅雨時期にくせ毛でお困りの方へ | 髪質改善【美髪整形】が人気の美容室 allfect-allfine alpha hair salon(アルフェクトーアルファイン アルファヘアサロン)

梅雨時期にくせ毛でお困りの方へ

こんにちはallfect大橋店です。

今回の美髪の豆知識はこれからの季節にお勧め!縮毛矯正についてお話しさせて頂きます。

この時期にとっても多い髪のお悩みとして、くせ毛の扱いがしづらい、広がる、うねる、ストレートアイロンやブローで伸ばしてもなかなかストレートにならないなどとても厄介な髪のくせ、そんな方は縮毛矯正をかけたいと思ったことがあると思います。今回は今まで縮毛矯正をかけられた方も、これからかけてみたいと思われる方へ縮毛矯正の持ちやかける頻度などについてご紹介していきたいと思います。

◯縮毛矯正の持ちについて

縮毛矯正の持ちとしては、お客様の髪質や縮毛矯正をかける時の薬剤の強さによって変わってきますが、平均で約3か月程の効果が得られます。縮毛矯正をかけた部分は真っ直ぐキレイに整います。しかし、縮毛矯正をかけた後に伸びた髪がくせ毛の場合は、伸びた髪の毛の部分だけまたうねってしまいます。美容室で再度縮毛矯正をかけるまでは、ストレートアイロンやブロー、ドライヤーの風を上から当てて乾かしてあげるなど、根元の伸びた部分をしっかりと伸ばして広がりを抑えるようにしておくと良いと思います。

◯縮毛矯正をかける頻度について

縮毛矯正をかける頻度も髪質や出来上がりのイメージによって変わってきます。強いくせ毛で真っ直ぐストレートを保ちたいという方は、3か月に1度、4か月に1度のペースでかけると髪へのダメージも最小限に抑えながら収まりの良いヘアスタイルがキープできるのでお勧めします。そこまで強いくせ毛ではないけど、ある程度まっすぐになっていれば良いという方は、半年に一度か1年に一度のペースで縮毛矯正をかけることをお勧めします。縮毛矯正を1、2か月に1度かけられる方は髪の毛に対しての負担が大きくなってしまいますのであまりお勧めはしておりませんのでご注意ください。(やむ得ず短い頻度で縮毛矯正をされる場合はシャンプーやトリートメントなどヘアケアをかなり入念にご自宅で行うことをお勧めします)

縮毛矯正をかけた当日はシャンプーをできるだけ控え、日常生活でシャンプーをした後は水気をしっかりと取り、洗い流さないトリートメント(保湿)を必ず付けた後にドライヤーでブローをすることで、熱から髪の毛を守ってくれた状態をキープ出来るとアイロン要らずのサラサラで収まりの良いストレートヘアが持続出来ると思いますので是非参考にしてみられてください。

 

修復系ヘアケア商品

美髪整形コース