髪にもUVケアのススメ。

こんにちは!アルファイン姪浜店の店長のヒキタです!!

最近はかなりの酷暑が続いてますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか??

岐阜では40℃越えの気温も記録しており、今年はまだまだ暑そうです(とほほ)

夏といえば、日差し、

日差しといえば、紫外線で肌も焼けやすくなりますが、みなさまは、髪の毛も気にされていますか??

髪の毛にも紫外線の影響はあります!

紫外線ダメージによって、毛髪を保護しているキューティクルが破損し、髪の中の水分や栄養分が流失し、次第に

髪の毛のダメージにつながっていきます。。

それによって起こる髪の毛のダメージは、

・枝毛、切れ毛になりやすくなる。

・傷みでゴワゴワとし、ヘアスタイルが広がったりする。

・水分がなくなることでパサパサし、乾燥していく

・カラーリングの褪色や、地毛も明るくなる。

せっかくのカラーも台無しに!?

それでは、紫外線を防ぐ方法としては

・帽子をかぶる!!

夏は暑くて帽子の中が蒸れやすいので、頭皮に影響があるのではないか?と思いがちですが、蒸れることで、頭皮や髪の毛に影響はほぼありません。むしろ、紫外線の方があります。脱いだ時に帽子の型がつくぐらいですw

・洗い流さないトリートメントやUV効果のあるトリートメントを使う!

最近はUV効果のあるものが多くでています。成分を確認して使用してみましょう!特に洗い流さないトリートメントは肌に使う日焼け止めみたいに、洗わなければ髪に”残る”ので効果は期待できます。

・髪の毛用のUVスプレーを使う!

こちらも最近はかなり増えて来ています。肌用のスプレータイプの日焼け止めを使用してもいいですが、髪の毛用のUVスプレーの方が髪のことを意識しているので効果が期待できます(ミストの細かさや、香りや、つけた時の重さなどの使用感など)。もちろん、こちらも肌に使えますが、肌に使う場合は通常のUVクリームと併用するといいかもしれません。

オススメのUVスプレー、ミーファちゃん

ここでUVスプレーによく記載されている”SPF”と”PA”の説明です。

SPF・・・日焼けによるシミ、そばかすの原因となり、肌表面に作用する紫外線β波(UVB)を防止する効果を表す表示

PA・・・しわ、たるみの原因となる紫外線A波(UVA)を防止する効果を表す表示

これは男の私より、女性のみなさんの方が詳しいかもしれませんね、、、。

SPFはSPF50+が表示の上限で、PAはPA++++(プラスフォー)が表示の上限です。

紫外線もA波とB波があり、それぞれ影響が違うと言うことですね。。。

髪の表面はB波(UVB)、髪の中?はA波(UVA)と言うことでしょうか。

髪に関しては、どちらも高い数値がいいかもしれません。

これからまだまだ暑いと思いますので外出の際はお肌と同様に髪の毛も可愛がってあげてくださいね!

(ミーファは香り付きなので年中使えますよ)

 

修復系ヘアケア商品