髪のうねり、パサつきについて

こんにちは!アルフェクト大橋店です。
今回の美髪の豆知識は『髪のうねり、パサつきについて』です。
髪のうねりやパサつきは多くの方が悩まれる髪の毛のトラブルの2つです。正しい知識を身につけ健康な髪の毛にしましょう。
●髪のうねりについて
髪の毛は、内側からメデュラ、コルテックス、キューティクルの3層構造になっています。
髪のうねりの原因には“水分バランスの乱れ″があります。
髪の毛はパーマやカラーなどのダメージによって、キューティクルが剥がれ、剥き出しになった髪の内部の水分がすかすかの状態になってしまいます。
髪の毛がその様な状態であると、水分などが不均一に入り込んで膨張し、うねる原因を起こしてしまいます。
また頭皮の老化もうねりの原因の一つです。
歳を重ねると共に頭皮が乾燥したり、硬くなったりして、毛穴が歪んでしまいます。
この毛穴の歪みが、髪の毛の1本1本のうねりになります。元々も直毛だった髪がだんだんうねってきていると実感している方は、これらの後天的なくせ毛の可能性が大きいのです。
他にも
・髪の毛を強く引っ張る髪型や結んだりする事が多い方
・乱暴なシャンプーやブラッシングなどで頭皮が傷ついてしまっている方
・加齢による頭皮のたるみや硬化している方
・ストレス、産後によるホルモンバランスや自律神経の乱れが有る方
上記に当てはまる方は頭皮の毛穴の歪みの原因を引き起こしてしまいます。
●髪のパサつきについて

髪がパサつく原因は髪質じゃなく頭皮環境にあります。髪の毛は頭皮から生れるので、頭皮が健康な状態でないと、髪の毛はパサつきなどのトラブルを抱えてしまいます。

例えば、髪を守るキューティクルが色々な原因で剥がれたり、開いたりしてしまうと髪の内部の脂質やタンパク質などが抜け出て、水分を保持する力を損なってしまい、その結果、髪がパサついてしまいます。

また、パーマやカラーリング、刺激の強いシャンプーなどによって頭皮と髪の毛にダメージがあると、その両方にトラブルが発生してしまうのです。

パサつきの主な原因

①シャンプーやブラッシングのやりすぎ
洗浄力の強いシャンプーを使い続けたり、頭皮に爪を立て強く洗ったり
髪の毛どうしを擦り合わせたりするような間違ったシャンプーをすると
頭皮や髪の毛が傷んでしまいます。
②紫外線の影響
紫外線の影響で髪の毛が乾燥すると
外側のキューティクルが剥がれ髪がパサついてしまいます。
③カラーやパーマのやりすぎ
カラーやパーマは、髪への刺激が強い化学薬品を使うので
髪の外側のキューティクルから内部までも破壊してしまいます。
④洗髪後の自然乾燥
洗髪後は髪が濡れ、キューティクルが開き、傷みやすい状態なので
そのまま自然乾燥することは絶対にしてはいけません。
以上のことを踏まえて
・日々のシャンプーを見直すこと
・紫外線の対策をすること
・美容室でトリートメントやヘッドスパを定期的に行うこと
・洗髪後、ドライヤーでしっかり乾かすこと
上記の事を心掛け、生活習慣を見直しケアを今のうちから始めておくことが大事です。
◎当店のトリートメントの紹介
【トリートメント前】
・ベーシックトリートメント
【トリートメント後】
トリートメント効果は絶大ですね!!
最後にツヤサラ髪を実感できる
正しいドライヤーのかけ方についての紹介です!
①タオルでしっかり水分を拭き取る
洗髪後の濡れた髪は、表面のキューティクルが開いて、髪の内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。すぐにタオルで水気を取りましょう。
②ドライヤーで2~3割乾かす
ドライヤーの風量を強くし、地肌をよく乾かします。髪全体はまず2~3割乾かし、軽く湿った状態にしておきます。
③手ぐしで引っ張りながら乾かす
髪は乾く瞬間に形状記憶をするので、湿った状態で、5本指の間に髪を取り、ゆっくりと引っ張りながらドライヤーを当てます。
④目の細かいブラシでとかしながら乾かす
7割程度乾かしたら、今度は目の細かいロールブラシでとかしながら乾かします。更に温風・冷風を繰り返すことでまとまりがよくなります。

 

ぜひ実践してみて下さい!