髪のパサつきの原因

こんにちは!!

小笹店の長澤です!!

只今alphaグループではお客様にインタビューシートをご記入いただいています。

その中でもっとも多いお悩みが

【髪のパサつき】です!!

今回はこのお悩みについてお話ししようと思います!

では、なぜ髪がパサつくのか!?

原因はいくつかあります。

・シャンプーやブラッシングのやりすぎ

爪を立てて洗ったり、泡たたずに髪の毛同士がこすれあったりと、

間違ったシャンプーを毎日することで日に日に髪のダメージが大きくなります!

ブラッシングの際は絡まった髪を無理やり引っ張ったりして

切れ毛や枝毛を増やしていませんか!?

 

 

・紫外線でのダメージ

紫外線は1年中あります!!特に強い時期もありますが、

春夏秋冬気をつけないといけないものです!

紫外線を受け乾燥すると、キューティクル(髪の表面の皮のようなもの)が開き、はがれおちてしまいます。

また紫外線による頭皮の乾燥も危険です。

乾燥している頭皮は、必死に皮脂を出そうとします。

ですので、必要以上の皮脂によって毛穴が詰まります。

 

・やりすぎによるパーマやカラーリングでの薬剤ダメージ

今は薬剤も改良され、どんどん髪に優しい薬剤は出ていますが、薬剤を使用する以上、ダメージが【ゼロ】ではありません。

薬剤の化学薬品によって、髪の内部はダメージをうけます。

過度にパーマ剤やカラー剤を使用すると、キューティクルが剝がれてきます。

 

・髪の乾かし方

キューティクルは髪が濡れているときに開きます。

ということは、濡れているときが髪が一番弱い状態です!!

夏なんか暑いのでしばらく乾かさず自然乾燥する方が多いのではないでしょうか!?

私もお客様からこのような話はよく聞きます。

しかし、自然乾燥はいけません。

キューティクルが開きっぱなしの状態になり、髪の内部にある水分まで、蒸発してしまいます!!

必ずドライヤーを使い、髪を乾かしてください。

 

 

・栄養不足

過度なダイエットやバランスの悪い食生活は、髪にも栄養がいかなくなり、傷みの原因になります。

 

 

・女性ホルモンの低下

ストレスや更年期の影響で女性ホルモンのが低下します。

全身の血流も悪くなるため、髪の毛も細くなり、傷みやすくなります。

 

ということで・・・

パサつきを減らすためには、体の内側も外側も保湿とケアが必要になります。

外はトリートメントやシャンプー、オイルなどでケアをし、

内はバランスのとれた食事、タンパク質やビタミンが重要になります!

またストレスをためないことも重要になります!!

 

健康な艶のある髪を目指してケアを行ってください。

alphaグループスタッフ一同お客様のお悩みを改善できるよう、

施術致しますので、担当スタッフまでどしどしお悩みをご相談ください。